Blog&column
ブログ・コラム

止まらないの検査方法

query_builder 2022/04/25
コラム
15

がひどくて寝付けなかったり、原因不明のが長引いて悩んでいる方は多いと思います。
原因がはっきりしないと不安になりますし、どうやって治せばいいのか分からないですよね。
そこで今回は、止まらないの検査方法について解説します。

▼止まらないの検査方法
■呼吸機能検査
呼吸機能検査は、喘息やCOPDの疑いがあるときに行われる検査です。
COPDは「慢性閉そく性肺疾患」と呼ばれ、喫煙などでがでる症状を指します。
大きく息を吸ったり吐いたりして、肺活量や肺機能の状態を細かく調べる検査です。

■画像検査
画像検査は胸部のX線やCTをメインに行い、肺の周辺に異常がないかを調べる検査です。
肺結核や肺がんでのの疑いがあるときに行われ、喘息の場合でも行う場合があります。
姿勢を変えて10分ほど全体を撮影し、陰になっている部分がないかで確認を行います。

アレルギー検査
なんらかのアレルギー反応で、が疑われる場合に行われます。
血液採取を行う場合が多く、原因となるものを調査し適切な治療を行います。
アレルギー検査は慎重に行う必要があるので、専門の医師に検査してもらいましょう。

▼まとめ
止まらないの検査方法は「呼吸機能検査」「画像検査」「アレルギー検査」があります。
原因別で検査方法が異なるので、専門の医師やクリニックへの受診をしましょう。
「大通り公園クリニック」では、原因不明のがある方やアレルギーの疑いがある方の診療が可能です。
専門医師による適切な検査を行い、原因の追求と治療を行います。

NEW

  • 関内にある内科ではコロナ対策万全になります。

    query_builder 2022/03/23
  • 内科における女性医師の重要性

    query_builder 2022/12/01
  • 内科の受診時にかかる初診料とは?

    query_builder 2022/11/15
  • 内科の診察室を完全個室にするメリット

    query_builder 2022/11/01
  • 内科で行う健康診断の目的や内容を知りたい

    query_builder 2022/10/15

CATEGORY

ARCHIVE